酸の赤ちゃんへの効果とは?いつからいつまで摂ればいい?

葉酸の赤ちゃんへの効果とは?いつからいつまで摂ればいい?

妊娠を考え始めたら葉酸を摂った方がいいよ〜」

 

そう聞いたことがある方も多いですね。

 

でも、なぜ葉酸を摂った方がいいのかご存じですか?

 

今回は、葉酸の赤ちゃんへの効果と、いつからいつまで摂ればいいのか?

 

 

ということについてまとめました。

 

 

葉酸を摂ろうかな?と考えている方のお役に立てれば幸いです(*´ω`*)

葉酸の赤ちゃんへの効果とは?

葉酸は、代謝に深く関わっている栄養素で、細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。

 

そのため、特に、赤ちゃんの細胞分裂が盛んな妊娠初期(4週〜12週)には必要不可欠な栄養素であり、

 

 

最近では、母子手帳にも記述があるほど、重要視されています。

 

 

もしも、この時期に大事な葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんの細胞分裂が正しく行われず、

 

・二分脊椎症

 

・神経管閉鎖障害

 

などの、先天性疾患をまねく危険があると言われているんです。

 

 

実際に、アメリカやイギリスでは、葉酸の摂取によって、胎児神経管閉鎖障害の発生が、10年間で約10分の1に減少したと報告されています。

 

 

今では日本でも、葉酸の重要性を認識し、積極的に摂取するように勧告されていますが、

 

それまでは、胎児神経管閉鎖障害の発生がアメリカの8倍イギリスの6倍という状況でした。

 

 

日本でも葉酸摂取の重要性を母子手帳に記載した理由が納得できますね。

 

 

 

ではこの葉酸、いったいいつから摂取するのが良いのでしょうか?

葉酸はいつから摂取するべき?

赤ちゃんの先天性疾患を防ぐためには、赤ちゃんの細胞分裂が盛んな妊娠初期に葉酸を摂取していることが重要です。

 

 

厚生労働省は、妊娠1か月以上前から妊娠3か月までの間に、

 

 

1日0.4mg(400μg)摂取することによって、胎児神経管閉鎖障害の発生が約70%予防効果がみられるとしています。

 

 

妊娠を意識していない方の場合、妊娠に気が付いたときにはすでにこの大事な時期を過ぎていた・・なんてこともあり得ます。

 

ですので、妊活をしているみなさんは、いつ妊娠してもいいように、今から摂取しておきましょう!

 

 

では今度は、飲み始めた葉酸はいつまで飲む必要があるのか?ということについて、みていきましょう。

葉酸はいつまで摂取するべき?

先ほども書きましたように、厚生労働省は葉酸を、

 

妊娠の1ヶ月以上前から、妊娠3ヶ月の間に摂取するように勧めています。

 

 

これは、先天性の疾患をまねく危険があるのが、この期間だからです。

 

 

 

さらに詳しくみてみると、先天性異常の多くは妊娠直後から妊娠10週前に、

 

中枢神経系は7週未満に発生することがわかっています。

 

 

 

ですので、葉酸を摂取するのは、妊娠3ヶ月頃まで。

 

妊娠初期と言われる、12週目頃まで摂取しておけば、安心ですね。

 

 

 

ですが、この期間を過ぎたからと言ってもう必要ないかと言われるとそうではありません。

 

厚生労働省によると、妊娠期間中は普段よりも多く葉酸を摂取することが薦められています。

 

 

必要な葉酸の摂取量は、一日の食事からの摂取量を240μgと考え、それに加えて

 

 

妊娠初期・・・+400μg/日

 

妊娠中・・・+240μg/日

 

授乳中・・・+100μg/日

 

とされています。

 

 

ちなみに、上限量は、1,000μg/日です。

 

 

 

なぜ、妊娠初期以外でも多く摂取することが薦められているのでしょうか?

 

 

 

 

 

実は葉酸は、先天性異常を防ぐこと以外にも、

 

 

・貧血の予防

 

・流産の予防

 

・免疫力を高める

 

 

などの効果があり、授乳中に関しては、

 

 

・母乳の栄養価を高める

 

・産後の子宮回復

 

という効果がが期待できるんですね。

 

 

また、授乳中にに葉酸が不足すると、

 

 

・赤ちゃんの発育に遅れを及ぼす

 

とも指摘されています。

 

 

 

つまり、葉酸は、妊娠初期だけでなく、妊娠初期〜授乳期まで摂取しておきたい大事な栄養素なんですね。

 

 

もしもまだ葉酸を摂取していないなら、赤ちゃんのために今すぐ始めましょう(・∪・)

 

 

葉酸は、水に溶けやすく加熱に弱い性質で、さらに食事から摂れる天然の葉酸は吸収率がとても悪い(約50%)ので、サプリメントでの摂取が断然オススメです。

 

サプリメントにも種類が色々ありますので、自分にあったサプリメントを見つけて下さいね☆

 

管理人のオススメサプリメントはこちらです。
>>妊活サプリ徹底比較 ランキングページ

関連ページ

22時〜2時に寝た方がいい本当の理由。
22時〜2時に寝た方がいい本当の理由について。
妊娠したかも?妊娠超初期症状の体験談まとめ
妊娠超初期症状の体験談のまとめ
不妊専門病院で薦められた1日300kcalの運動
不妊専門病院で薦められた1日300kcalの運動を紹介します。
実録!朝食に味噌汁をとる事で、高温期への移行がスムーズに?
朝食に味噌汁をとる事で、高温期への移行がスムーズになった私の経験から、朝食に味噌汁をとる事でどんな効果があるのか、説明します。
ピニトールの効果とは?多嚢胞性卵巣症候群に効果あり?
ピニトールが、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)に効果がある。そんなことを聞くと、気になりますよね。しかしこの聞きなれないピニトールとは、いったいどんなものなのでしょうか?今回は、ピニトールの効果、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)に何故効果があるのかということについてまとめました。
妊活中に砂糖を摂るならてんさい糖にするべし!
妊活中ですが、漢方の先生から「白砂糖は駄目だよ」と口をすっぱくして言われます。 まぁね、なんとなく体に良くなさそうというのはわかりますが、 具体的には何がどう悪いかをもう少し詳しくみていきたいと思います。

トップページ 妊活の基礎知識 男性不妊 妊活の豆知識