男性不妊の改善に効果的な6つの方法

男性不妊の改善に効果的な6つの方法

男性不妊を改善するために

男性不妊を改善するために、普段からできる6つの事を紹介します。
すぐに実践できる事もありますので、自分の生活を見直してみて、男性妊娠力アップに繋げましょう!

禁煙しましょう。

 

 

タバコを吸っている男性は、できるだけ禁煙しましょう。
喫煙は、精子の数は運動率を低下させ、さらに、受精能力も低下させるという研究結果も報告されています。
もちろんパートナーへも悪影響を与えます。

 

アルコールはほどほどに


アルコールの大量飲酒は、精子に悪影響です。
1週間に、7.5ユニット(中ジョッキ3杯)アルコールを摂取している人は、精子数現象、奇形率の増加がみられるという研究結果も発表されていまよ。
特に、週に37.5ユニット(中ジョッキ15杯)以上飲んでいる人は、その影響が顕著に表れたとされています。

 

7.5ユニットとは

  • ビール 中ジョッキ3杯分
  • 日本酒 3合
  • ワイン 3/4本
  • 缶チューハイ 4.5本

 

冷やしましょう

 
精巣は熱に弱く、1℃上昇するだけで、健康な精子の生産量が40%減少するなんていう話も。
長風呂や、熱いお風呂に入っていませんか?
そういった習慣がある人は見直してみましょう。
また、下着は締め付けがなく、風通しがよいトランクスが良いですよ。
ちなみに、こんな方法もありました。

金冷法
お風呂に入り、睾丸を温めた後に、冷水をかけて冷やすという方法。
温めたり、冷やしたりを何度か繰り返すと、より効果的。

 

大豆食品は控えめに


女性にとっては良いイソフラボン。
実は男性にとっては、あまり良い影響はありません。
大豆製品の摂取量が多い男性は、殆ど摂取しない男性に比べて、精子濃度が減少するという研究結果が報告されています。
納豆やお味噌など、日本人にはとてもなじみ深い大豆製品ですが、もし、男性不妊に悩んでいるなら、
少し大豆の摂取量を控えるよう心掛けてみてはいかがでしょうか?

 

パソコンや携帯には気を付けて

 
普段、ノートパソコンを膝の上に置いて作業したり、携帯電話をズボンのポケットに入れて持ち歩いたりしていませんか?
これらから発生される電磁波は、精子数の減少を引き起こすとされています。
最大で30%少なかったという研究結果も。
さらに、パソコンの熱が伝わって精巣の温度を上げてしまう危険性があります。

 

パソコンは、机で作業する、携帯はバッグに入れるなど、電磁波や、熱の影響を少なくするように少し工夫してみましょう。

 

禁欲しすぎない


精子は、毎日作られていて、3日程で満タンの状態になると言われていますが、実は、満タンになった状態が続くと、精子に悪影響を及ぼします。
満タンの状態だと、古い精子を分解して新しい精子を作りますので、精子の生産が滞り、
さらに、古い精子からは、活性酸素が生産され、精子にDNA損傷を及ぼすとされています。

 

乏欠乏症の男性の場合、禁欲期間を一日とした場合に最も精子運動率が良かった とした研究結果もあるようです。
精子の質を上げるために、禁欲期間は2、3日が望ましいでしょう。

 

 

 

 

関連ページ

男性不妊とは
男性不妊とは
男性不妊の原因
男性不妊の原因
精液検査について
精液検査について
男性不妊に効果あり!とってほしい7つの栄養素とは?
男性機能の向上に良いとされる栄養素をまとめました。また、その栄養素が含まれる食品も紹介します。
男性不妊にビタミンEが効く?血行を改善
男性不妊に良いとされる栄養素は、ムチンや亜鉛、セレンなどさくさんあります。 今回は、その中で思いがけず効果があった栄養素をご紹介します。男性不妊でお悩みの方の参考になれば幸いです。

トップページ 妊活の基礎知識 男性不妊 妊活の豆知識