男性不妊に効果あり!とってほしい7つの栄養素とは?

男性不妊に効果あり!とってほしい7つの栄養素とは?

男性不妊に効果あり!とってほしい7つの栄養素とは?

ここでは、男性機能の向上に効果があるとされる、7つの栄養素をピックアップしてご紹介!
よく聞くあの食材から、なかなか聞きなれない栄養素も?
さっそく、今日から食事にとりいれるべく、勉強していきましょう。

 

 

 

 

ムチン

昔から、ネバネバした物を食べると、精がつくと言われていますが、このネバネバの正体がムチンです。
肝臓や、腎臓を助ける働きがあり、血中コレステロール値を下げる効果があります。
精子を増やす働きがあるとして、男性不妊に処方される漢方薬にも含まれていますよ
ムチンは熱に弱いため、なるべく生で食べるようにしましょう。

 

1日の摂取量 特に摂取量は決まっていません。

 

ムチンの含有量が多い食材

  • オクラ
  • 山芋
  • レンコン
  • 里いも

 

※ムチンに関しては、各食材のはっきりとした含有量データがありませんでしたので、
多く含まれるとされる野菜をあげています。

 

亜鉛

別名「セックスミネラル」と、呼ばれる亜鉛。
精液中には、高濃度の亜鉛が含まれいてます。
この亜鉛の濃度が増えると、精子の運動量が増加する事が確認されています。
逆に亜鉛が不足すると、精子数が減少し、元気のない精子になってしまうそう。
亜鉛の推奨量は、10mg/日です。
しかし、亜鉛は、吸収率がとても悪く、7割以上は体の外に排出されてしまいますので、
サプリメントで効率よく摂取する方がおすすめです。

 

1日の推奨量 10mg/日
上限量 18〜29歳 40mg/日、30〜49歳 45mg/日

 

100g中の亜鉛含有量

  • 牡蠣 13.2 mg
  • ゴマ  5.9 mg
  • うなぎ 2.7 mg
  • アーモンド 4.0 mg
  • 豚肉レバー 6.9 mg

 

セレン

セレンには、精子を形成する働きがあります。
元気な精子には、このセレンが多く含まれているそうです。
セレンが不足すると、精子数の減少、運動率の低下を引き起こすとされています。
しかし、精液中のセレンの濃度は高すぎても低すぎても運動率は低下するという研究結果もある事から、
くれずれも過剰摂取には気を付けましょう。

 

1日の推奨量 30μg/日
上限量 18〜29歳 420μg/日、30〜49歳 460μg/日

 

100g中の含有量

  • かつお節 320 μg
  • いわし 130 μg
  • ホタテ 74 μg
  • さんま(焼き) 44 μg 
  • あじ 77 μg

 

鉄は、妊活女子にはかかせない栄養素ですが、実は、男性にも重要な栄養素なんですよ。
鉄は精子の形成を促す成分ですので、しっかりと摂取したい栄養素です。

 

1日の推奨量 18〜29歳 7.0 mg/日、30〜49歳 7.5 mg/日
上限量 18〜29歳 50 mg/日、30〜49歳 55 mg/日

 

100g中の鉄含有量

  • 豚レバー 13 mg
  • 鶏肉レバー 9.0 mg
  • あさり 3.8 mg
  • ひじき(乾) 55mg
  • あおのり 74.8 mg

 

ビタミンE

ビタミンEは、精巣の機能を高め、精子数の増加や、運動率を上げる作用があります。
ビタミンEを毎日200mgずつ投与すると、精子の数は、4ヶ月後から増え始め、10ヶ月後には10倍近くになるまで増えたという研究結果もあります。

 

1日の摂取量 6.5 mg/日
上限量 18〜29歳 800 mg/日、30〜49歳 900 mg/日

 

100g中のビタミンE含有量

  • アーモンド 29.4 mg/日
  • いくら 9.1 mg/日
  • 明太子 6.5 mg/日
  • なたね油 15.2 mg/日
  • たらこ(焼) 8.1 mg/日

 

マンガン

マンガンは、精子の運動率を上げる働きがあると言われいて、
不足すると、生殖機能が低下すると言われています。
マンガンは、上限量も低く、通常の食事で不足するという事はあまりないようです。

 

1日の推奨量 4.0 mg/日
上限量 11 mg/日

 

100g中のマンガン含有量

  • 生姜 5.01 mg
  • 日本茶(玉露) 4.6 mg
  • あおさ(乾) 17.00 mg
  • あおのり(乾) 13.00 mg
  • しそ 2.01 mg

 

アルギニン

アルギニンは、精子数の増加、運動率の上昇、またEDの改善に効果があります。
精子の運動率が30%以下である、男性25人に、アルギニンを1日2g摂取させた所、
21人に運動率の改善がみられ、6人が自然妊娠したという試験結果が報告されています。

 

1日の推奨量 6〜7g (WHOによる。)
※アルギニンの摂取量には諸説あり、5g以上とると、副作用があるという意見も。
目安として、体重×0.08〜0.1g が効果を期待する場合の1日の摂取量というデータがあります。
例えば、体重60kgの人の場合、4.8 g 〜6.0 g という事になります。

 

100g中のアルギニン含有量

  • かつお節 4.300 g
  • 乾燥高野豆腐 4.1 g
  • 落花生 3.2 g
  • ゴマ 2.7 g
  • アーモンド 2.1 g

 

 

 

以上、男性不妊に効果的な7つの栄養素をご紹介しました。
しかし、これだけの栄養素を毎日の食事で摂取するのはちょっと大変ですね・・・
あまり考えすぎず、食事での摂取が出来そうなものは食事で、
プラス、サプリメントを上手に活用して効率よく栄養を摂取しましょう。

 

 

 

関連ページ

男性不妊とは
男性不妊とは
男性不妊の原因
男性不妊の原因
精液検査について
精液検査について
男性不妊の改善に効果的な6つの方法
男性不妊の改善に効果的な6つの方法
男性不妊にビタミンEが効く?血行を改善
男性不妊に良いとされる栄養素は、ムチンや亜鉛、セレンなどさくさんあります。 今回は、その中で思いがけず効果があった栄養素をご紹介します。男性不妊でお悩みの方の参考になれば幸いです。

トップページ 妊活の基礎知識 男性不妊 妊活の豆知識