多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群について

多嚢胞卵巣症候群について

このカテゴリーでは、多嚢胞卵巣症候群について、どんな病気なのか、どんな症状があるのか原因や治療法などについて書いた記事を掲載しています。

多嚢胞性卵巣症候群について記事一覧

多嚢胞性卵巣症候群とは?どんな症状がある?

私達の卵巣の中には、産まれた時から備わっているたくさんの原子卵胞が眠っていますが、毎月その中から1つだけが大きくなり、成熟して排卵されます。多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣の中に卵胞がたくさんできてしまい、排卵が起こりにくくなってしまう症状のことを言います。多嚢胞の場合、ある程度までは大きくなりますが、それ以上はなかなか大きく育ちません。エコーで卵巣を見ると、小さい卵胞が丸々と繋がって見えることから、「ネックレスサイン」と表現されることもあります。

≫続きを読む

多嚢胞性卵巣症候群の原因は?

多嚢胞性卵巣症候群は、ここ最近20代30代の女性に増えていて、その数は20人に一人とも言われています。原因は、未だにはっきりとはわかっていないのですが、最近では、「内分泌異常」や「糖代謝異常」が原因ではないかと言われてきています。

≫続きを読む


トップページ 妊活の基礎知識 男性不妊 妊活の豆知識